伝票の押印欄

経理ワークイメージ

経理ワークの中で、欠かせないアイテムが会計伝票です。
会社でのお金の流れを間違いなく記録するためにも、伝票は欠かせません。

伝票の押印欄は、担当者が押す欄と上司が押す欄、更には会社の代表が押印する欄があったり、その会社によって様式は様々です。
でも複数の人間が経理に関わる場合は、二人以上の印鑑が必要ですね。

万が一、伝票の金額に間違いがあった場合に、担当者の押印欄があれば、誰が伝票を作成したかすぐに分かるので、原因を掴むにも効率がよいです。

【実印では独身女性の方は、名のみで彫刻されるかたも多いのです】

実印は、法律上社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字を【フルネーム】彫刻します。

チェーン店などの本部になると、全国の集計をして伝票を作成し、お金を管理する部署が存在します。
その必要処理量が膨大であればあるほど、経理ワークの際に押すはんこが大活躍となりますね。

お客様に提出する請求書や納品書にもはんこが必要です。
この場合に押す社印も、すぐその隣に担当者印があると、お客様が問い合わせをしたいときに役立ちますよね。

これが今後の取引のご縁になることだってありえます!担当者欄に押している苗字を覚えてくれて、ご利用リピーターになってくれる可能性だって無きにしも非ずですよ。
経理ワークの影の実力者が訂正印です。

これが、狭い記入欄の中の文字を訂正するときに、役立ちます。
たまに発生する記入ミスなどに対処するために、是非持っておきたいものですね。

簿記の勉強をしている方は、学習のうちから持っておきたいアイテムですよ。
帳簿記入の訂正の仕方についても、簿記で学びます。
その際に、訂正印が登場しますよ。

〔WEBサイトのご紹介〕

最短翌日出荷!低価格!オリジナル表札。多彩なサイズ・デザインをご用意しました! 100種類以上のデザインからお選びいただけます。

表札サイト詳細へ

ページの先頭へ