朱肉にもメンテナンス

朱肉イメージ

上司が新しい印鑑を買いました。
字体が大きくはっきりしていて以前使っていた印鑑より軽くて使いやすいそうです。

忙しい上司なので、奥様がはんこ屋で購入してきたようです。
デザインも奥様が決めたという事で、素敵なセンスです。

その新しい印鑑を早速社内で使う機会が来たので、上司はとっても嬉しそうでした。

いざ試し押しをしなければ、と持っている朱肉に印面を押し付け、紙に押印したところ、文字が全部にじんでいました。
これは明らかにはんこの問題ではなく朱肉のトラブルです。

よく見てみると朱肉の表面に水滴が。
寒暖の差で朱肉の水分量がおかしなことになってしまったようです。

【銀行印を買ってTポイントを貯めよう!】

ハンコヤドットコムで銀行印をご購入いただけましたら、もれなくTポイントをプレゼント中!

この朱肉は15年も前に購入し、しかも蓋を開けたままの時がしばしばあったそうです。
今市販されている朱肉は質が向上していてある程度多様な保管環境に対応できるようになっており、長持ちしやすいのでこのような事態は珍しいです。

印鑑だけではなく、朱肉にもメンテナンスを行なうこと。
これは盲点でしたが、常に綺麗に押すためには大事なことですよね。

押印する時に朱肉を付け過ぎたなと思ったら、ティッシュに印面を軽くつけて余計なインクを抑えましょう。

たっぷりのインクで押してしまうと、乾く前に触れてしまって手が汚れたり、綴りになっている用紙にインクが付いてしまう恐れがあります。
ほどほどがベストなんです。

あと、用紙によってインクがにじみやすかったり、乾きにくい場合あるので、その点も気をつけて印鑑を押したいところですね。

~ Hot Topic│オススメ関連情報 ~

<透明感が涼しげな>ガラス表札

表札の専門店【表札館】から「アートガラスシリーズ」をご紹介。
色とりどりのガラス素材に、サンドブラスト加工で印字した透明感のある涼しげなガラス表札です。
4色のガラスと豊富な文字色の組み合わせからお選び頂けます。

商品を確認してみる。

ページの先頭へ